KT88 UL結合シングルパワーアンプ PARTⅣ

画像

画像




 音も出てひとまず無事完成。
 雑音は傍熱管のためかほとんど無いのですが、左右の音のセパレーションがあまりよくないようです。
 KT88は2A3や300Bの3極管に比べて音の輪郭がはっきりしていて明瞭な気がします。
 そのせいか、2A3や300Bより硬くて力強い音のように思います。
 2A3や300Bはクラシックやボーカルに、KT88はジャズやロックに合うのかもしれません。
 2A3は高音、300Bは低音がよくでるようですが、KT88は低音から高音までフラットに出るようです。
 個人的な好みとしては、ソフトな300Bの音がいいかなあ
 左右のセパレーションが良くないのは私の知識では理由がわからないのでこれからの課題ですね。
 色々いじって改善されるといいのですが・・・

 やはりEL34やKT150なども使っててみたいです。
 

 
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック